菅田将暉の”成功の遺伝史”は映画”共食い”の監督、青山真治監督だった

3月6日の「成功の遺伝史」で

2016年最もブレーク下俳優、菅田将暉さんの

成功の遺伝史は青山真治監督だった。

スポンサーリンク

映画”共食い”の現場からすべてが始まった

菅田将暉さんは

映画”共食い”の現場からすべてが始まったと語る菅田将暉さん。

綿密な役作りと演技に目覚め、

”共食い”で日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞。

青山真治監督から

「16分の1の芝居」を教わったそうです。

お前の芝居はまだ1/4拍子なんだよ
ミュージシャンは1/16まで考えなきゃいけない

と青山真治監督から言われ、最初は意味がわからなかったそうです。

もっと細かく細かく演技しなくてはならないことを

監督から教わり、

その後
「そこのみにて光輝く」では
スプーンの使い方、端の持ち方など
細部まで解釈した演技を行い、

「海月姫」では女装男子を演じるために
10kg以上のダイエットと骨盤矯正で
女子よりも女子らしいと話題に!

どんな役でも演じ分け

今一番使いたい俳優と言われている

菅田将暉さんの役者としての
ルーツは青山真治監督の言葉だったんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする