【ガッテン】コラーゲンが効く人と効かない人の違いは?

3月1日の”ガッテン”はコラーゲンの特集でした。

コラーゲンは口から摂取したものは効果がないという説もありますが

本当に美肌効果があるの?

スポンサーリンク

コラーゲンを摂取して効く人と効かない人

コラーゲンを摂取して効く人と効かない人がいる?

どうして違いが出たのでしょうか?

線維芽細胞がコラーゲンを体の中で作ってくれます。

コラーゲンが増えない人は線維芽細胞が働いてくれなかったからです。

京都大学農学部、佐藤健司教授によりますと

分解しきれなかったコラーゲンの破片(ペプチド)が

体内に吸収されることを発見し研究し続けたそうです。

コラーゲンペプチド(分解されきらない破片)

とダメージを受けると出るタンパク質、

この2つが必要になります。

両方あるときだけコラーゲンの効果があります。

ダメージの有る人、

高齢の方のほうがよく効くそうです。

ダメージとは

  • 紫外線
  • ケガ

などです。

コラーゲンおすすめの人

コラーゲンを摂取して効果が出やすい人は

  1. 高齢者(ケガや肌にダメージのある人)
  2. 炎症のある人(大怪我、関節痛、日焼け、冬の乾燥)

残念ながらダメージの少ない若い人には効果が少ないようです。

加齢で線維芽細胞が減少するので

コラーゲンを摂取することで活性化しやすいんですね。

若い人の場合は

”コラーゲンを摂っていいことがあれば続けると良い”

そうです。

城西大学駅伝部でコラーゲンを食事に取り入れている理由

関節の傷みを和らげる効果がコラーゲンにあるので

城西大学駅伝部では食事にコラーゲンを取り入れているそうです。

コラーゲンの修復パワーは

ダメージのあるところで働くと考えられています。

コラーゲンを摂取しても変化がない人は

ダメージの無い良い状態であるといえますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする