【ケンミンショー】盛岡冷麺は味変して楽しもう!

8月23日放送の「秘密のケンミンSHOW」で

岩手県民熱愛グルメ、盛岡冷麺が紹介さます。

盛岡在住25年の管理人が盛岡冷麺についてお伝えします。

(写真は家族とぴょんぴょん舎にて)

スポンサーリンク

焼き肉より冷麺が主役

一般的に冷麺は焼き肉のシメで食べられることが多いですが

盛岡冷麺は冷麺のみのオーダーだけでも大丈夫です。

それだけ岩手県では冷麺が愛されているんですね。

盛岡冷麺の味の変化を楽しむため「別辛」でオーダーする

冷麺をオーダーすると通常キムチがトッピングされてマスタ

「別辛」でオーダーするとキムチを別皿で頼めます。

最初は辛味をつけない状態でいただき

キムチを足して徐々に辛さを楽しむことが出来ます。

また、お酢を加えると辛さがマイルドになり

食べやすくなります。

おすすめの盛岡冷麺

ぴょんぴょん舎の冷麺

ぴょんぴょん舎は盛岡冷麺を考案して広めたピョンさんのお店なんです。
お店の名前はウサギが跳ねている「ぴょんぴょん」ではなくて名前から取っているんですね^^
辛さが選べるんですが、普通の辛さをチョイス。
思ったほど辛くなかったのでもう一段辛いの選べばよかったなぁ。

※こちらはスーパーで売っているぴょんぴょん舎の冷麺を 自宅で作ったものです。
麺、スープ、キムチの二人分のセットになります。

盛岡冷麺を自宅で堪能できます♪

お店で食べるのと変わらないくらい美味しいですよ!
お店で頼むよりキムチが多めに作りました。

北緯40度 もりおか冷麺

盛岡冷麺は、わんこそば、じゃじゃ麺と並び「盛岡の三大麺」と呼ばれています。今では盛岡の名物としてお土産用の冷麺も沢山出回ってます。

地元のスーパーで働いてた時お盆時期になると飛ぶように売れるのが

北緯40度 もりおか冷麺です。

しかも箱ごと、中には2箱まとめ買いするお客様も。

値段もリーズナブルで美味しいので我が家でもよく食べますよ。

やまなか屋の盛岡冷麺

麺は生麺で盛岡冷麺といえばゴムのような硬いイメージが有りますが、
やまなか屋の冷麺はソフトな食感です。スープはストレートタイプで材料を見ると牛肉を中心に鶏、豚と混合スープのようです。済んだコクと甘みのあるスープです。
キムチもセットになってました。

作り方はいたって簡単。麺をゆでて冷水で洗い、スープをかけて好きな具をトッピングするだけです。これで本格盛岡冷麺の完成です。
スープは辛味はありませんので、辛いのがお好みの方はキムチで調整してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする