【世界一受けたい授業】「極上の孤独」を攻略してストレスなく生きよう

8月18日放送の世界一受けたい授業では

話題のベストセラー本「極上の孤独」が紹介されました。

極上の孤独を読めば

ご近所付き合い、会社、学校で

ストレスがなくなる方法がわかるそうです。

人間関係のストレスに日々悩んでない人は

ほぼ居ないと思うので

これは為になりそう!

30万部売り上げた「極上の孤独」の著者、

下重暁子先生が教えてくださいました。

スポンサーリンク

あるものが原因で人間関係にストレスとなる

あるものが原因で人間関係にストレスとなってるそうです。

あるものとは、SNS。

「いいね!がつかない、コメントがこない」

他人の感想を求める待っている時間がストレスに。

そんなSNSがストレスになっている方に

下重暁子先生は

「他人の意見を気にしすぎるのはダメ、結局最後に決めるのは自分」

SNS離れすることで人に振り回されなくなります。

コレが”よい孤独”になります。

”孤独”と”淋しい”の違い

孤独は一人で淋しいというイメージがありますが

下重暁子先生によると

「孤独は淋しさを突き抜けた覚悟

一人で生きていくこと」

だそうです。

孤独のお手本、山口百恵さん、安室奈美恵さん

存在感があって自分で決断してきた

山口百恵さんや安室奈美恵さんは

それが存在感になって私達に

感動を与えてくれましたね。

近所付き合いでストレスを感じることなく生活を送るために他人への期待を捨てる

  • みんなと仲良くしたい
  • 周りにいる人は自分にとってプラスになる

そんな期待は速く捨てましょう。

上辺だけの付き合いをしても時間の無駄。

その無駄な時間を自分の趣味などに時間を使えば

その中で本当に大切だと思う人といい出会いが生まれます。

自分を貫き本当の人を認めてくれる人が本当の友人です。

刺激のある会話をしたければと自分と年の違う人と会話する

「良い孤独の時間を作るためには

あなたにとって刺激のある会話をでくる人が必要」

と下重暁子先生。

刺激のある会話をしたければ自分と年の違う人と会話する

会話をするうえで年齢が違えば新しい情報が入り良い刺激になります。

10歳以上年齢が離れている人と会話することがおすすめ。

年齢差が大きいほどお互いの刺激が大きくなります。

そんな新しい刺激が一人で考える時間を増やし

良い孤独が生まれます。

良い孤独を知ってる人は見た目に共通点がある

良い孤独を知ってる人は見た目に共通点があるそうです。

それは物静かな人

物静かで良い孤独を実現させた人として

元サッカー日本代表、中田英寿さんが紹介されました。

多くを語らない物静かな姿の中田英寿さんが

現役時代に繰り返し言っていた言葉が

「自分で考えることがいちばん大事」

深いですね。

会話の最初になんと言えば自信を持てる?

会話の最初に「私は」

というときりっと毅然とした態度が取れるそうです。

周りの主張に流されることなく自身を持って自分の意見が言えます。

なるほど、会話の最初に「私は」というだけなので

心がけるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする