【ゲンキの時間】一流の睡眠のポイント、二流の睡眠チェックのやり方

3月26日の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
”一流の睡眠”がテーマでした。

春眠暁を覚えず、春は眠い季節ですね。

季節の移り変わり、環境の変化で

春は睡眠不足になりがちです。

質の良い睡眠が健康に繋がりますよね。

一流の睡眠を手に入れて健康に過ごしましょう。

スポンサーリンク

二流の睡眠チェック

あなたの睡眠は一流、それとも二流?

5つのチェックで分かります。

  1. 仕事が忙しいと眠らずに頑張る
  2. 眠れないのは異常だと思わない
  3. おもしろそうなことでもやる気が出ない
  4. 每日眠る時間がバラバラ
  5. 自分は眠らなくても大丈夫

この5つの項目のうち、一つでも当てはまると

あなたの睡眠は二流かも知れません。

睡眠不足よって引き起こされる病気は

  • 脳梗塞
  • 歯周病
  • 花粉症

などがあります。

花粉症も睡眠不足と関係があるとは意外でした。

一流の睡眠は朝から始まる

元外科医、医療コンサルティングの裴 英洙先生が

一流の睡眠について教えて下さいました。

正しい目覚まし時計の置き方

目覚まし時計は鏡の前に置くとよいそうです。

起きる時間が大幅に短くなります。

無意識に鏡を見て目が開くそうです。

わざと自分の意識を覚醒の方向に

向くところに目覚まし時計を置くと、パッと起きられるんですね。

  • 二流…目覚まし時計を遠くに置く
  • 一流…目澤し時計を鏡の前に置く

二度寝はOK!

二度寝はNGのような気がしますが

裴 英洙先生によると二度寝はOKだそうです。

ただし、場所を変えて二度寝をすることが条件になります。

やはり、布団で二度寝はダメですね。

  • 二流… 我慢できずに二度寝
  • 一流… 場所を変えて二度寝

歯磨きは窓際で日光を浴びながら

歯磨きも日光を浴びながら窓際で行いましょう。

朝日を浴びると体内時計がリセットされ

夜に睡眠を促すメラトニンというホルモンががしっかり分泌されます。

朝シャワーは目覚めやすくなる

朝シャワーで太い動脈が通る首元や鼠径部を温めましょう。

深部体温が上がるので目覚めがよくなります。

朝ごはんはバナナ

朝ごはんはバナナがおすすめ。

バナナには脳を活性化させる作用のあるドーパミンを増やす働きがあります。

大切なのはこれらの行動を習慣化することです。

  • 二流…過ごし方がバラバラ
  • 一流…朝ルーティンが決まっている

睡眠を高める昼ごはんの食べ方

お昼ごはんを食べると眠くなりますよね。

そこでコーヒーを飲んで眠気覚まし、、、

コーヒーを飲んで眠気覚ましの効果が出るには

時間がかかります。

眠くなってから飲んでも効果なし。

昼食の前にコーヒーを飲むのがベストです。

  • 二流…眠くなってからコーヒーを飲む
  • 一流…昼食の前にコーヒーを飲む

20分以内の昼寝で午後のパフォーマンスを高める

眠気を我慢するよりも昼寝をしたほうが

午後のパフォーマンスは高まります。

  • 二流…眠気を我慢して過ごす
  • 一流…20分以内の昼寝

寝入りをスムーズにさせる方法

布団に入ってもなかなか寝付けない、

そんな悩み解消する方法を裴 英洙先生が教えて下さいました。

寝る一時間前に照明を暗くする

寝る一時間前に照明を暗くして寝るモードに入ります。

  • 二流…明るい場所で過ごす
  • 一流…照明を暗くして寝るモードに切り替える

お風呂も暗くして入ると良いそうです。

帰宅前のコンビニにも注意

コンビニは照明が明るいので

睡眠を促すホルモンが分泌しにくくなります。

帰宅前のコンビニにも注意が必要なんですね。

寝る前の飲み物はハーブティー

寝る前におすすめなのはハーブティー

カモミールティーは寝付きをよくするといいますね。

  • 二流…カフェインを含む緑茶を飲む
  • 一流…リラックス効果のあるハーブティー

寝る前にNGな食べ物

カフェインを含む食べ物は寝る前には控えましょう

  • チョコレート
  • 紅茶
  • ココア
  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • ほうじ茶

寝る前のドガ食いはNG

寝る前にドカ食いしてしまうのはやはりNGです。

胃の中に食べ物が残った状態で横たわることになり、

胃の中の食べ物と胃酸が混じり合ったものが逆流してしまい、

逆流性食道炎のリスクにもなります。

眠る前の食事による弱流星食道炎は

不眠を引き起こす原因にもなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする