【王様のブランチ】2017年度の手帳特集、スマホのスケジュールアプリとの使い分け方法とは

11月26日の、王様のブランチで、2017年度の手帳特集。週末野心手帳やワナドゥ手帳など、スマホアプリとは違う機能を持った手帳が便利アイテムとして人気があるようです。紙の手帳とスマホ(PC)はそれぞれのメリット、デメリットがあります。その使い分けについても少し書いてみました。

スポンサーリンク

【王様のブランチ】2017年度の手帳特集、スマホのスケジュールアプリとの使い分け方法とは

2017年版、人気の新作手帳の特集です。まずは、人気商品のご紹介から。使い分けについては、後半で。

Ban-do 2017 ダイアリー

表紙のかわいさと中身のかわいさで、昨年大ヒットしたようです。

開くたびにシールのページなど、様々なページが現れます。

B7変形手帳

スマホと同じ大きさの手帳です。じつは、胸のポケットに入れる手帳を使っていますが、ギリギリポケットに入らず困ることがあります。最近、シャツの胸のポケットサイズが小さくなったようで、これくらいがちょうど良さそうです。

ミニネコ型ポケット付き

口がカード入れのポケットになっていて、FeliCa対応カードなどを入れておくと便利です。おサイフケータイを使っていない、対応していない場合やカードを使っている場合は取り出す必要もなく、スマートに使えそうです。デザインがネコミミになっているところがポイントです。

週末野心手帳

ここから、手帳とは少し違う性格の商品です。

毎日のスケジュールではなく、週末に向けて目標を設定し、そのためにするべきことやしたことを記入する形式です。目標は、ダイエットなど、自由に書くことができます。目標、夢などを書いていくことで、スケジュール手帳と使い分けができます。

ワナドゥ手帳

ログブック(記録用の手帳)という形式で、好きなテーマのものを選んで記入できるよう、そのテーマに沿った内容になっています。ゴルフ、旅行など82種類あり、今年も3種類追加されたそうです。

料理用などもあり、手帳よりも日記に近いもので、記入していけば、自分だけのレシピ本などができるよう工夫されています。2年で19万冊売れたそうです。

星ダイアリー2017

12冊、星座別の手帳ですが、占いが70ページ分あります。日付に○がついている場合、右ページに詳細な占いが載っています。


使い分けについて

手帳について

閲覧性に優れています。いつでも、開けばすぐにその月、週の予定を確認できます。また、即座に記入できます。修正も線を引いて消せばとりあえず完了します。スピーディーに扱えます。

ただし、紛失した場合は少々やっかいです。

私はいつも胸のポケットに入れています。スマホよりも手帳で確認することが大半です。

スマホアプリについて

スマホとPCを連携させることで、複数の場所で、複数のメディアを利用して予定を確認できます。また、バックアップという点では、設定により、誤って削除した予定を復活させることもできます。紛失した場合も、GPS機能により検索できます。

こちらも、欠点があり、記入や確認に手間取ることがあります。バッテリーの問題や、落下時の破損、水没などの欠点もあります。

よって、バックアップ用としての利用がメインになっています。

好みもあるとは思いますが、紙の手帳とスマホの両者を持ち歩くことで、それぞれのメリットを生かして、もう一つをバックアップとして欠点を補い合うと、より効率良くスケジュール管理ができます。年末ですので、是非、新しい使い方も検討してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする