【1周回って知らない話】水卜アナが本当に大食いだった件

11月23日の、1周回って知らない話、大女優に超大物2世にNo.1女子アナに失礼な疑問ぶつけますSPで、人気ナンバーワンの水卜アナが幼少期から入社、今日までのストーリーを。実際にはふっくらキャラですが、実際に会った人はそれほどでもないという感想が多いようです。
a0150_000179 生クリームプリンの食リポを横取り!

(写真はイメージです)

スポンサーリンク

【1周回って知らない話】水卜アナが本当に大食いだった件

人気ナンバーワンの水卜アナですが、食べる、ぽっちゃりのイメージ。でも、悪いイメージはありません。ただ、他のアナウンサーとはだいぶ違うイメージです。

そもそも、朝の番組がやりたかったそうで、ヒルナンデスのお話があったときは、ちょっとショックだったとも。でも、そのお昼の番組を一番にするためにがんばったようです。

だんだんと食レポのときの一口が多くなり、あきらかに食べ過ぎ、ということろがまた好感度アップに繋がったのではと思います。共演者の方は、あれだけ口を開けてほおばった状態でも、しゃべれるのがすごい!と驚いていました。

本当に食べるのが好きじゃないと、あんなに口に入らないし、おいしくは見えないはず。

ただ、バラエティ番組だけではなく、裏方の(顔がTVに映らないだけで本職です)仕事も紹介、声色を使い分ける技術は、さすがプロです。たぶん、あちこちで何気なく聞いている番組ナレーションや告知なども、実は水卜アナだったということも多いはずです。

ぽっちゃりの件は、やはり周りの女優さんやタレントさんの顔が小さすぎるからということです。確かに、テレビではわからないのですが、本物はみんなとんでもなく背が高かったり、手足が長くて細かったりしていますが、逆に個性があって、しかも実際にはぽっちゃりでもないようで、今のポジションでOKなのかもしれません。

南原さんから、「休み明けに異常に太っていた」という指摘だけは事実だったようです。

一生懸命努力し、落ち込み、さらに根性を出して頑張る姿を画面で見せない点と、いじられまくっても、楽しそうにしている点が好感度の理由だなと感じました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする