【その原因Xにあり】HSP入浴法で20歳若返る!

3月17日の「その原因、Xにあり!」では

3週間のマル秘入浴法で血管年齢が20歳若返る!?

というテーマで放送されました。

スポンサーリンク

身体の老化は血管から

血管は全身の細胞に酸素と栄養素を届ける

いわば大切な道路。

うまく整備されてないと車はうまく流れていきません。

身体も一緒で血管が衰えると全身の細胞が衰えてしまいます。

実際に肌年齢が高いほど血管年齢が高いという結果になります。

女優 北原佐和子(52歳)も全身の老化に悩んでいた

花の82年組の元アイドル、北原佐和子さんも

全身の老化で悩んでいました。

特に気になるのが顔のシミ。

その数は75個と同年代に比べてやや多め。

お世辞にもキメ細かい肌とは言えない状態です。

北原佐和子さんの血管年齢は

なんと60歳 

+10歳という結果にショックを受ける北原佐和子さん。

3週間のHSP入浴法を実践した結果

北原佐和子さんが3週間のHSP入浴法を実践した結果HSPの量

  • 100 → 118

1.2%増加という結果に。

二人の被験者もHSPの量が増えました。

  • 100 → 123
  • 100 → 154

血管年齢

北原佐和子さん 60歳 → 40歳

なんと、20歳も若返りました!

2名の被験者も血管年齢が大幅に改善されました。

  • 75歳以上 → 46歳
  • 55歳 → 25歳

肌のキメは?

一番北原佐和子さんが気になっていた肌ですが

60歳 → 38歳

血管年齢だけでなく、肌のキメも20歳わかがえり!

正直羨ましい。

HSP入浴法、凄い!

やってみたい!

血管老化チェックのやり方

  • 人差し指の爪を5秒間圧迫する
  • ぱっと離した時毛感の色が戻るのに2秒以内だと正常

色が戻るのに2秒以上かかった人は

血管が衰えているかもしれません。

血管が老化する理由

高コレステロール、高血圧などで血管が傷つけられると

弾力をうすなった欠陥になり、

これが動脈硬化と言われる血管の老化です。

老化に対抗するスーパー物質HSP

老化の原因はHSPの減少にあります。

老化にに対抗するスーパー物質HSPは

”heat shock protein” のヒート ショック プロテインの頭文字をとってHSPと呼ばれています。

HSPの寮は20歳ころから急激に減り

60歳を過ぎた頃から急激に減ってしまいます。

以前よりも傷が治りにくい、疲れやすいなどの症状は

HSPが減少しているからです。

老化を防ぐにはHSPを増やす!

老化を防ぐにはHSPを増やすのが有効ですが

その方法は?

野菜の50度洗いでHSPが増えるので

萎びた野菜を50度で洗うと蘇ります。

人間も同じで

血管に熱ストレスが加わると対抗するために

自然と体内でHSPが作られます。

HSPが増えると

  • 認知症予防
  • 美肌
  • 血管修復
  • 疲労回復
  • 肝機能Up

など嬉しい効果がたくさんあります。

HSPを増やす入浴方法

お風呂の熱で体温を約2℃上げその鉄を保温する方法です。

ポイントは5つあります。

HSP入浴法は週2回行います。

每日HSP入浴法を行うと体が慣れてしまい効果が薄れるそうです。

他の日はシャワー、温めのお風呂などにします。

1.舌下で体温を測定する

入浴と体温を比較するために舌下で体温をはかります。

2.入浴前に水分補給

沢山汗をかくので入浴前にしっかり水分補給します。

3.お湯の温度は41℃に設定する

お湯の温度は少し高めの41℃に設定します。

4.炭酸の入浴剤を入れる

炭酸の入浴剤には血管の拡張効果があり全身が温まりやすいという効果があります。

効率よく体を温めることが出来ます。

入浴時間は15分、肩まで浸かります。蓋を閉めて顔だけだして入浴します。

体温を上げる目安は約2℃ですが

最初はあまり上がらないこともあります。

無理せず徐々に体質改善を行いましょう。

5.暖かい服で10分保温

せっかく温めた体温を冷ますのま勿体無い!

暖かい服装で10分間保温します。

  • 靴下を履く
  • 暖かい上着を羽織る

体内に熱をこもらせることで

全身の細胞にHSPが増加するそうですよ。

お風呂上がりに冷たい飲み物が欲しくなりますが

温かい飲み物で水分補給します。

HSPは入浴2二日後に増えるので

旅行や運動をする日(疲れたくない大切な日)の2日前に行うといいそうですよ。

血管年齢が若返るHSP入浴法

知っておいて損はないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする