【サタデープラス】筋肉枯れ診断、20秒ルルベ立ちチェックのやり方、方法

3月11日のサタデープラス(サタプラ)のDr.プラスでは

「筋肉枯れ」が特集されました。

筋肉枯れ診断、背面握手チェックに続いて

「20秒ルルベ立ちチェック」のやり方が紹介されました。

スポンサーリンク

20秒ルルベ立ちチェックのやり方、方法

バレリーナの基本ポーズ「ルルベ立ち」で筋肉枯れのチェックをします。

将来寝たきりになるかどうかがルルベ立ちチェックでわかります。

大人のラジオ体操で有名な中村格子ドクターが

ルルベ立ちチェックのやり方、方法を教えて下さいました。

  1. 両足でつま先立ちをして立つ
  2. 両腕を上げて20秒キープする

※この時顎を上げないで引くのがポイントです。

また、足の指を曲げないでできるだけ伸ばします。

ルルベ立ちが出来ない人は

ふだんの生活で足に悩みを抱える人がほとんどだったそうです。

足の指先の筋肉に注目

ルルベ立ちはで重要なのは足の指の筋肉です。

足の指は手の指に比べて意識することが少ないですが

歩くときは足の指の力が重要になります。

足の指の筋肉が衰え、地面を押す力が弱くなると

いろいろな悪循環が始まってしまいます。

足の指の力が弱くなると”すり足”になってしまいます。

足を上げて歩かないので僅かな段差でもつまずき転倒のリスクが!

転倒から寝たきりのリスクが高まってしまいます。

ルルベ立ちができる人は足の筋力が年齢の平均値よりも上だったそうです。

足の筋力の衰えは怖いですね。

こちらもチェック!

【サタデープラス】筋肉枯れ診断、背面握手チェックの方法、やり方
3月11日のサタデープラス(サタプラ)のDr.プラスでは 「筋肉枯れ」がテーマでした。 筋肉枯れとは日常生活を送るのに必...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする