【世界一受けたい授業】チーズにダイエット効果あり?

3月4日の「世界一受けたい授業」では

「チーズの科学」というテーマで放送されます。

東北大学大学院農学研究科 教授、

齋藤忠夫(さいとう ただお)先生が

チーズの知られざる謎を解き明かして下さいます。

スポンサーリンク

チーズのダイエット効果とは?

チーズは高カロリーですが

低糖質なので糖質制限ダイエットの食材として

よく使われていますね。

チーズの脂肪は太りにくい?

水分を除くとチーズの半分はタンパク質、半分は脂質です。

チーズに含まれる乳脂肪は消化過程で分解されやすいので

身体に蓄積されにくいということが分かったそうです。

つまり、チーズの脂肪は太りにくい!

嬉しいですね!

チーズの栄養バランスがダイエット効果をもたらす

チーズの栄養を食品成分表で見てみると次のとおりです。

プロセスチーズ 100g当り

  • エネルギー 339kcal
  • タンパク質 22.7g
  • 脂質 25.7g
  • カルシウム 630g
  • ビタミンA(レチノール当量 260μg)
  • ビタミンB1 0.03mg
  • ビタミンB2 0.038mg

炭水化物が少なく低糖質

チーズに含まれる糖質はは100g中、1.3gと低糖質!

脂質も多いので腹持ちもいいですね。

ビタミンB2

チーズに含まれるビタミンB2は摂取した脂肪を燃焼させ、

体内中の過酸化脂質を分解してくれます

ダイエット中不足しがちなカルシウムを補える

チーズは牛乳から作られているのでカルシウムが豊富。

ダイエットを繰り返していると将来骨粗しょう症のリスクが高まりますが

チーズに含まれるカルシウムが骨粗しょう症の予防になります。

チーズが血圧を下げる?

チーズはカルシウムが多く含まれますが

カルシウムが血圧を下げる効果があると言われています。

チーズには塩分も多く含まれているので

食べ過ぎには注意しましょう。

チーズが虫歯を治す?

チーズに含まれるリン酸とカルシウムが再石灰化(歯を脱灰から守る唾液の自然治癒のメカニズム)を高めてくれます。

チーズに含まれるリン酸カルシウムが虫歯で出来た

小さな穴を修復する働きがあります。

チーズは硬めがおすすめで

食後の10分位、2~3口、良く噛んで食べると効果的です。

もちろん、虫歯予防にもチーズを食後に

食べると効果的です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする