【ガッテン】血糖値を下げる睡眠薬”ベルソムラ錠”の副作用は?

2月22日の「ガッテン!」で

紹介された血糖値を下げる新薬、

オレキシン受容体拮抗薬の”ベルソムラ錠”が気になったの調べてみました。

スポンサーリンク

オレキシン受容体拮抗薬の”ベルソムラ錠”とは?

ベルソムラ錠は新しいタイプの睡眠薬で

入眠障害、熟眠障害に処方されます。

また、人によっては血糖値を下げる事がわかり

「ガッテン」で特集されました。

【ガッテン】血糖値を下げるデルタパワーを増やす方法とは?
2月22日の「ガッテン!」(ためしてガッテン!)では 「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」という内容です。 医学...

※放送内容についての誤りがあったので

3月1日の放送で謝罪、及び訂正がありました。

【ガッテン・謝罪】2月22日の放送内容「血糖値を下げるデルタパワーの謎」について謝罪
3月1日のガッテン!の冒頭で 2月22日の放送内容、「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」で 行き過ぎた表現があっ...

※食事療法をやっても改善されない、且つ睡眠障害がある方が被験者となっていたので

すべての糖尿病患者に処方されるわけでは有りません。

従来の睡眠薬と違って副作用がほとんどない

オレキシン受容体拮抗薬の”ベルソムラ”は

従来の睡眠薬と違ってほとんど副作用が無いと

ガッテンの番組内で説明されていました。

しかし、副作用として翌日眠気やめまいを感じることもあるそうです。

車の運転は避けたほうが賢明です。

人によっては、翌日に眠気やめまい、疲労感などが残ることがあります。眠くなくても、注意力や集中力、反射的な運動能力が低下し、自動車運転に影響する可能性がありますから、車の運転をふくめて危険をともなう機械の操作には従事しないでください。

おくすり110番  より引用

ベルソムラ錠を処方してもらうには何科で診てもらえばいい?

ベルソムラ錠は処方薬なので

病院で診察を受けて医師の処方箋が必要になります。

睡眠障害のお薬なので、睡眠外来や睡眠科で診療を受けましょう。

※個人輸入でベルソムラ錠は購入できますが自己責任になります。

※睡眠薬を使うかどうかは医師の判断に従って下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする