【有吉ゼミ】ヒロミがシンクとフラットな作業台を手作り(棚付き)!タイルシールデコレが決め手

2月20日の「有吉ゼミ」では

キッチンの収納でお悩みのかもめんたる、

槙尾ユウスケさんの奥様のために

「ヒロミ&タッキーの八王子リホーム」で

シンクとフラットな作業台を手作り!

その驚きの技とは?

スポンサーリンク

シンクとフラットな棚付き作業台の作り方

冷蔵庫を置くスペースに冷蔵庫が多きすぎて入らないので

キッチンラックが置いてありました。

そこに、シンクとフラットな作業台を手作りするヒロミさん。

接地する場所の壁に1枚の長い板を使用したのは

アンティーク風のアイアンの棚を作るためだったとは!

ヒロミさん、凄すぎ。

  • 板は切って白く塗る
  • 板に自由に棚が設置できるダボレールを固定する
  • 板材を箱型に組み立てる
  • 後ろに背板を入れる
  • タイル(タイルシールデコレ)を上に貼る
  • はみ出したタイルをカットする
  • 隙間は小さくカットしたタイルで埋める
  • 目地材(目地シート)をはめ込む
  • 接地する場所の壁に1枚の長い板を強く押し込む
  • 作業台をはめる
  • タイルを張った板の裏側にアンティーク風のアイアンの棚受けを固定
  • 棚を備え付けのものと同じ高さに設置

目地シートが凄い!

目地材をタイルの隙間に入れる作業が大変なんですが

目地シートを使うと簡単にできるそうです!

3時間かかる作業が目地シートを使うと

わずか10分で終了!

目地シート、凄いぞ!

タイルシールデコレ

タイルは友安製作所のタイルシールデコレレ 1シート 702円を使用。

裏面に両面テープがついているので

初心者でも簡単に貼ることが出来ます。

これは便利!

フレンチカントリーキッチンは

白を基調としながらも

カラフルなタイルでアクセントをつけます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする