【ジョブチューン】がん予防には”みかん”皮を乾燥させた”陳皮”の作り方

2月11日のジョブチューンからの情報です。

がん予防にはβクリプトキサンチンが良いと言われてますが

βクリプトキサンチンが多い食べ物は

がん予防に効果的な食材は、”みかん”です。

柑橘類の中でも温州みかんはがんの原因である

活性酸素を抑えるβクリプトキサンチンが多く含まれています。

オレンジと比べると

なんと、約60倍!

大腸がんになりにくい都道府県は

みかんの産地、愛媛県だそうです。

スポンサーリンク

みかんは外側の皮も食べるとがん予防に効果的

日1~2個食べるだけでがんのリスクが激減するそうですよ!

みかんの外側の皮にもβクリプトキサンチンが多く含まれ、

発がん性物質を抑えるリモネンも豊富です。

といっても、皮って食べないで捨ててしまいますよね?

皮を使った漢方の作り方

みかんの皮を乾燥させて細かくしたものを

漢方っでは陳皮と言ってお薬として扱っています。

乾燥させたみかんの皮(陳皮)を

一日スプーン一杯分を

  • 紅茶
  • ヨーグルト
  • 柚子の感覚でみそ汁に入れる

に入れていただくと美味しくいただけます。

陳皮の作り方、レシピ

陳皮はネットでも打ってますが手作りも出来ます。

ジョブチューンで陳皮の作り方が紹介されました。

  1. 約80度のお湯に3分みかんの皮を漬ける
  2. 皮を辛いキッチンペーパーで水気をとる
  3. 風通しの良い場所でかりかりになるまで天日干しする(数日間)
  4. 麺棒で細かく砕く

がん予防にはよく笑うことも良いそうです。

一日数回作り笑いでもいいので声を出して笑うといいそうです。

がん予防には一日1~2個のみかんと

乾燥させたみかんの皮も食べるとおぼえておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする