【世界一受けたい授業】5秒で筋トレのやり方とは?

11月11日の世界一受けたい授業からの情報です。

松井 薫(まつい かおる)先生が

5秒で筋トレの方法を教えて下さいましたので

忘れないようにメモしました。

スポンサーリンク

冬こそダイエット!

冬はダイエットに不向な季節と思われがちですが、

冬こそダイエットの季節!

寒くなると体温を維持しようと基礎代謝が上ります。

基礎代謝とは安静にしていても消費されるエネルギーのこと。

基礎代謝が上がれば痩せやすい身体になります。

筋肉を鍛えることで基礎代謝が上り

ヤセ体質に!

筋肉を鍛えることがダイエットの近道なんですね。

食事制限無しで5秒腹筋、2週間の成果は?

食事制限無しで5秒腹筋、2週間で

  • 武田修宏さん → ウエスト 5cm減少
  • マック鈴木さん → ウエスト 4cm減少

ウエストが細くなっただけでなく

御二方とも基礎代謝が上り太りにくい身体に変化しました。

5秒筋トレのポイント

松井 薫(まつい かおる)先生の今話題の

5秒で筋トレのポイントは以下のとおりです。

①頭のなかでイメージする

空き缶を潰すイメージで行なうと

通常の5倍以上の運動量になります。

イメージするだけで運動量がUPするなんて!

ちょっとしたことで変わるんですね。

②筋肉に話しかける

「腹筋!頑張れ!頑張れ!」

と筋肉に話しかけるとより意識が筋肉に集cy油脂効果がアップします。

なかやまきんに君みたいですね。

二の腕の5秒筋トレ

上腕三頭筋を鍛えます。

  • 頭の後ろで手のひらを合わせる
  • この時両手を強く押し付けるのがポイント
  • 手のひらを強く押し付けたまま5秒かけて前方へゆっくりとスライド
  • 45℃のところでストップ
  • 元の状態に戻す
  • 一セット10回を1日3セット行なう

指先からビームを出すイメージで行ない、指先をピンと伸ばして行います。

肘を曲げないようにビームを出しましょう。

ふくらはぎの5秒筋トレ

ふくらはぎは腓腹筋を鍛えます。

  • 腰に手を当てて左手を真っ直ぐ上げる
  • 手のひらは正面に向ける
  • 右の太ももを上げ、左足はつま先立ちに
  • かかとをできるだけ上げるように意識する
  • この状態で5秒キープ
  • 指の先がロープで縛られ上からつられている状態、全身が上に引っ張られている上体をイメージする
  • 左右5回ずつ1セット、1日3セット行なう

※ふらつく場合は壁に背中を付けて行ってもOKです。

太ももの5秒筋トレ

太ももは大腿四頭筋を鍛えます。

太ももの筋トレにはタオルを使います。

  • タオルを両膝の間に挟む
  • 両手は腰に置く
  • かかとを浮かせながら両膝を正面に曲げる
  • この状態で5秒キープ
  • 正面、左、右、5秒ずつ1セット、1日6セットを目安行なう

お尻の5秒筋トレ

お尻の筋肉は大きいのでここを鍛えると基礎代謝が大幅にアップしますね!

大殿筋を鍛える5秒筋トレのやり方は次のとおりです。

  • 仰向けに寝転び手を左右に広げ膝を立てる
  • 息を吸いながら腰をゆっくり上げる
  • 腰が上がりきったところで息を止めて5秒キープ
  • 背中の下から傘が開いていくのをイメージする
  • 息を吐きながら腰をゆっくりおろす
  • 1セット10回、1日3セットを目安に行なう

※足を台の上に乗せるとより負荷がかかります。

お腹の5秒筋トレ

お腹は腹斜筋を鍛えます。

  • 腕立て伏せの体制になり、左足を右足の上に交差させつま先を立てる
  • 左手を少し引き5秒かけて左を向くように腰をひねる
  • 腰をひねる時肘が曲がらないように注意する
  • 自分の体が雑巾になって絞られるイメージで行なう
  • 左右10回1セット、1日3セット行なう

立ったままで「5秒腹筋」

5秒腹筋 劇的腹やせトレーニング

カラダをひねって即効ラクやせ―1回5秒でみるみる変わる!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする