【世界一受けたい授業】つま先立ち運動で扁平足を防ぐ

10月21日の「世界一受けたい授業」の放送内容、

「長生きの原因は歩き方1日3分の後ろ歩行」をまとめてみました。

「百歳まで歩く―正しく歩けば寿命は延びる!」の著者、

田中尚喜(たなかなおき)先生が教えて下さいました。

たった1日3分、後ろ向きに歩くだけで本当に健康になれるのでしょうか?

後ろ向き歩きのやり方、ポイントとは?

スポンサーリンク

最近の子供に多い”浮足”

つま先だけが地面につき、かかとが上がっているいわゆる

”浮足”の子供が増えているそうです。

子供の浮足は運動不足が原因だそうです。

昔の子供に比べてゲームなど室内で遊ぶことが増えて

外遊びが減ってしまったからですね。

正しい歩き方をすると”浮足”も改善できます。

歩き方チェック

間違った歩き方をしていると筋力が衰えてしまいます。

「世界一受けたい授業」では

歩き方チェックのやり方が紹介されました。

佐藤栞里さんの歩き方

  • 足が外側に開いておりややガニ股

足が外に開くことで内転筋がおとろえ、太ももがたるむ原因になります。

内転筋が衰えると骨盤が安定しなくなり姿勢が悪くなります。

モデルの佐藤栞さんも歩き方に癖があるんですね。

意外でした。

メイプル超合金、安藤なつの歩き方

  • 上半身左右に揺れながら歩いている

上半身が左右に揺れながら歩くと

内転筋、中でん筋がおとろえている可能性があります。

メイプル超合金、カズレーザーの歩き方

  • 足がついた時に膝が曲がる

一見姿勢もよく正しい歩き方に見えますが

カズレーザーさんは足がついた時に膝が曲がります。

前に出した足には体重がかかるので

足がついた時に膝を曲げていると膝に負担がかかってしまいます。

正しい歩き方

正しい歩き方は

  • ひざを伸ばした状態でかかとから着地する
  • ひざを伸ばしたまま後ろへ持っていく
  • 再び前に足を出す時に曲がっていく

正しい歩き方って結構難しいですね。

正しい歩き方のポイント

ポイント1.身体を真っ直ぐにして前傾しない

歩きの基本は正しい姿勢です。

  • 耳、肩、腰、膝、くるぶしが一直線になるのが基本です。

ポイント2.膝を伸ばす

膝を伸ばしたまま着地し、

膝を伸ばしたまま後ろへ持っていく。

カズレーザーさんのように着地の時

膝を曲げてしまうと大殿筋や内ももの内転筋が使われず衰えてしまいます。

膝を伸ばすと大殿筋、内転筋両方使うので

年齢を重ねたときでもしっかりと歩くことが出来ます。

ポイント3.地面に足をつける順番

つぎの順番で地面に足を付けます。

  1. かかとからつく
  2. 小指の付け根
  3. 親指の付け根
  4. 親指

ふくらはぎにあるヒラメ筋が鍛えられます。

百歳まで歩ける足チェック

百歳まで歩ける足かどうか

セルフチェックしてみましょう

  • しっかりとした土踏まずがあるか

ふくらはぎの筋肉、後脛骨筋が衰えると

土踏まずがどんどんなくなり扁平足になります。

土踏まずのアーチをチェックすれば

ふくらはぎ、足首の筋肉がどれだけ衰えているかわかります。

つま先立ち運動

百歳まで歩ける足になるよう

ふくらはぎの筋肉、後脛骨筋を鍛えるつま先立ち運動の遣り方は

  1. 大きくつま先立ちをする
  2. そのまま3秒キープ
  3. かかとをおろす
  4. 1日10回を3セット行なう

簡単ですね!これならできそう!

早速やってみます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする