【たけしの家庭の医学】セロトニンを太陽の光を浴びること以外で増やすには?

7月25日の「たけしの家庭の医学」によると
骨粗鬆症の改善にはセロトニンというホルモンを増やすとよいそうです。

セロトニンは太陽の光を浴びることで増やすことができるそうです。
目安は1日30分でよいそうです。

セロトニンは 睡眠をつかさどるホルモンでもあり
セロトニンが増えると睡眠の改善にも繋がります。

スポンサーリンク

セロトニンの材料となるのが、L-トリプトファン

太陽の光を浴びることは体にいいとわかっていても
今時期は熱中症が気になりますよね。

また、梅雨時や冬など日照時間が少ない季節など
太陽の光を十分に浴びることができませんね。

セロトニンの材料となるのが、L-トリプトファンという
必須アミノ酸で体内で作られないので食品から摂取する必要があります。

L-トリプトファンは

  • 乳製品
  • 大豆製品
  • 魚類
  • ナッツ類
  • バナナ

などに多く含まれています。

牛乳よりも豆乳のほうがトリプトファンが多く含まれています。

牛乳が飲めない方は豆乳を飲むようにするといいですね。

これらの食品をバランス良く摂取するといいですね。

骨粗しょう症の予防と睡眠の改善、

一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする