【マツコの知らない世界・日用品】薩摩錫器のロックグラスが秀悦

5月9日放送の「マツコの知らない世界」の予告で

マツコさんがガラス製のロックグラスと

薩摩錫器のロックグラスでお酒を飲み比べして

「ぜんぜん違う」と言っていたのが気になったので

薩摩錫器のロックグラスについて調べてみました。

スポンサーリンク

錫器の特性

錫製の器の特性は熱伝導の速さ。

陶器のなんと50倍!

冷たいものは冷たく、温かいものは温かくいただけます。

金属は鉄など錆びやすいものもありますが、

錫の特性として錆びません。

有害物質が体内に入る心配も無いので安心できますね。

また、錫はイオン効果によって殺菌効果、

鮮度維持の効果があります。

錫には日本酒に多く含まれているフーゼル油を

溶かす働きがあり、お酒がまろやかな味になります。

錫は柔らかく簡単に凹むのが難点ですが

簡単に元に戻ります。

錫は融点が低いので電子レンジや直火は禁止です。

冷凍庫で凍らせると冷えすぎて

指の凍傷のおそれがあるのでNGです。

水分が残っていると変色の原因になるので

洗ったら綺麗に水分を拭き取りましょう。

薩摩錫器は見た目も洗練されているので

目で見ても楽しめますね。

マツコさんも

「まろやかと言うよりは華やかになる」

とコメント。

一生物のロックグラスですね。

タンブラーにビールを注ぐと泡立ちが違うそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする